株で損をしてしまったので早めに諦めたという方、ちょっと待った!その失敗を活かしてからが、真の投資の始まりと言っても過言ではありませんよ!

  • ホーム
  • 投資の利益で日商簿記スクールに

投資の利益で日商簿記スクールに

日商簿記のスクールに通ってみたいけれども、それだけの余裕が無いという人も多いのではないでしょうか。
貯金があるにしてもそれを日商簿記スクールに通うのに全て使ってしまっては将来のことを考えると不安なものですから、通いたいと思っていても難しい物があります。

そこで、貯金を投資に回してそれで余剰利益が出た場合、日商簿記スクールに通って見るようにすると良いでしょう。
日商簿記スクールに通うために、リスクを冒して投資をするなんてと思うかもしれませんが、インフレが続く現在では現金を手元に残しておくというのもひとつのリスクになってしまいます。
今の一万円が10年後にも同じく一万円としての価値を保っているかはわかりませんから、それならばある程度の資産は投資に回すほうがインフレのリスクを回避できるということになります。

投資のリスクというのは自ら管理をすることができるので、大きな利益を期待することはできなくても少しずつ利益を積み重ねるといった投資をすることはそれほど難しくありません。
投資は利益をさらに再投資していけば、複利効果でどんどん利益が積み重なっていくことになりますから、最初は小さな利益であってもあとから満足の出来るだけの大きな利益に変わっていくことになります。
そうなれば、日商簿記スクールに通うだけの学費を捻出することも難しくありませんから、寝かせているお金があれば一部を資産運用に回す価値は高いものとなっています。
すぐには結果が出ないかもしれませんが、どちらにしても日商簿記スクールに通うだけの学費がないという状況であれば、時間をかけてでも運用をしていけばいつかは学費を捻出できるのでのんびり投資を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事